またもや更新が遅くなっていしまいましたが・・・

今回は8/26~8/27に行われた廃墟ツアーなるものを紹介したいと思います。

これは、廃墟が大好きという物珍しい人のために、廃墟に行きたい!といきがっている人をもう二度と行きたくないと言わせるために、そしてわくわくを体感するために行われたものです。

もちろん節度ある範囲内で。

 

まず僕らが向かったのは札幌市内にある西岡水源地

ここは廃墟でも何でもないのですが、ここにある取水塔には出るとか出ないとか・・・

我々が行った時間は午前だったのですが普通にいい公園に見えました。

とりあえず何か写りこまないかとパシャリ。

やっぱりなんも出ませんでした。

 

西岡水源地。きれいですね。

 

集合写真。最後列の左にいるのはもしかして・・・

 

その後はとりあえず釧路にある雄別炭鉱病院というところをめざしてひたすら車を走らせます。

途中でお昼ごはん。

寄ったのは日高にあるお蕎麦屋さん。

おいしかったですね。

 

店内もとてもきれい

 

大食いの永井(1)。キメ顔です。閲覧注意。

 

その後もひたすら車をとばし続けてやっと釧路につくも夜。

とりあえずご飯→温泉と行くことに。

車内ではなぜかスパかつを食べたいという流れが発生しており、とりあえずレストランへ。

まぁよくあるレストランといった感じですね。

 

その後温泉に向かったのですが、とりあえず釧路は着いてからずっと小雨で霧がかかっていました。

気が滅入るほどに。(釧路に住んでる方ごめんなさい)

まぁそんなこんなで温泉に入ってからはいよいよ雄別炭鉱病院に向かいます。

ここは全国でも5本の指に入るほど怖いといわれているらしく、炭鉱で栄えていた町が丸ごと廃タウンになっているという噂。

だんだんと町の明かりが無くなり、真っ暗な山道へ。

廃墟じゃなくても十分に怖いのですがわくわくに飢えた寮生たちは必死に廃墟を探します。

がしかし、見つからない・・・

事前に下調べをしていたわけでもないし、行ったことのある人もいない。しまいには電波がない。

なんて日だ!

とりあえず明るくなるまで泣く泣く車中泊をすることに。

 

あさ。

とりあえず前日に通った道路を通ってみます。

なにやら怪しげな建築物がポツリポツリと点在していました。

後で調べるとここは廃墟群から少し離れたところのようで、実際はもっと山道の中を進んでいかなければならなかったようです。

しかし、台風の影響もありあちこちで木が倒れていたために進むことは断念。

調べてみるとどうやら購買だった模様。

 

これは何だったのだろう

 

謎の建物。町の跡が感じられます。

 

置いて行かれかけた二人。怒っている様子。

 

朝早くに出発したのでまだまだ時間はあります。

そこで朝市に向かいました!

米を買ってとれたての海鮮物を好きなだけ好きなように乗せる。これが勝手丼。

最高のぜいたくです。こんなことしていいのかなって気分になるほどに。

ばら売りされている海鮮

 

できあがった海鮮丼。うますぎる。

 

その後は札幌に帰るためにまたもや車を飛ばします。

途中で珍しいものを見たので立ち寄ることに。

そう、乳神神社です。

でも意外と特筆すべきことがなかったので写真をお送りします。

 

しっかりとしているかんじ

 

乳神様にあやかろうとするタケシ(5)

 

そしてお次は帯広にあるといわれる廃ラブホのコスモへ。

帯広の街中をちょいと抜けるとありました。

近くの犬にめっちゃ吠えられ、ドキドキしながらいくとけっこうボロボロでした。

 

左側の電光掲示板にはどの部屋が空いているのかが一目でわかるようになっていた形跡が。

 

最後は美唄にある円形校舎というところに。

こちらも美唄の街中を抜けると急に薄暗くなっていかにも怖い感じになっていきました。

それでもずんずん進んでいき、山道を登ること20分ほどにありました。

台風でぬかるんでおり、もともと若干水没していたらしい校舎はさらに水かさが増していました。

 

骨組だけの体育館。

 

帰るときにはもう真っ暗になっていましたが廃墟ツアーが無事に終わったことの安心感で若干テンションが上がっていました。

もう一生分の廃墟は使い果たしました。

自分自身、しばらくはもういいです。

まぁこんなかんじでハッピーエンドですかね?

呪われてるかもしれないけど。

 

文責:わくわく(2)

 

Check