一定期間更新がないため広告を表示しています

7/10~7/11にかけて宮寺毅函館見送りツアーが行われました!

表向きは7月半ばに退寮し、来年からは水産移行で函館に行くという宮寺(3)を見送ろうという企画でした。

しかし!もちろん今回のツアーもただでは終わらせませんでしたよ〜

 

    

モード:デラチワワ     モード:マジギレパンダ

 

2グループに分かれてスタート。僕の車の方は宮寺(3)さんはいませんでしたが、

とりあえず2グループとも函館までの道中にある中山峠を目指すことに。

中山峠では揚げいもが有名らしく、味付けコーナーが充実していました!

 

   

揚げいも。たくさんの味付けがあり、自分で自由につけることが出来る。

 

   

揚げいも三兄弟。と三兄弟の三男、デラタケシ(3)を引き抜こうとするK(4)

 

中山峠を後にして、とりあえず一心不乱に函館へ。

途中、行列の出来るといううどん屋で昼ごはんを食べました。

量も味も良かったです。前日の飲み明けの僕には少々きつかったですが…。

 

噂のうどん屋。近くにある羊蹄山のあたりでとれる名水を使ってるとか。

 

昼食をとったあとは羊蹄山のふもとにあり、水で有名な京極町のふきだし公園に行きました。

とりあえず水がきれい。あと見晴らしがいい。

しかし、公園があまりにも整備されていたため自然!という感じはあまりなく、

正直ちょっとした違和感を覚えましたひやひや

 

澄んだ水。ここでは自由に水が汲める場所もありました。

 

見晴らしのよい景色に年甲斐もなくはしゃぐライ兄さん(2)23歳。

 

ライ兄さん、23歳にして初の単独ライブ。総動員数2人!!!

 

ふきだし公園を後にし、お次は函館にある赤レンガ倉庫へと向かいました。

函館はどこもかしこもオシャレで、野郎どもの行く場所ではありませんでした。

夜ごはんを函館でブイブイ言わせているというファストフードのチェーン店、ラッキーピエロで食べました。

聞くところによるとこのお店のせいでマクドナルドは函館に進出できないのだとか。

 

赤レンガ倉庫。中にはオシャレな店がたくさんありました。

 

オルゴールに耳を傾けるデラっち(3)。個人的にはこのオルゴール専門店が一番印象的でした。

 

かわいい人形を衝動買いするたけし(3)。後日この人形は寮で破壊されてしまいましたとさ。

 

ラッキーピエロ通称ラッピのハンバーガー。一言で表すなら食べにくいがく〜

 

夜ごはんの後はついに夜景が有名な函館山へ!

それがこちら。どーん

写真ですらこのすごさ。これは一見の価値ありです。

夜は北晨寮(北大の函館キャンパスの寮)で元恵迪寮生を含めたあちらの寮生と飲みました。

北晨寮はどこぞの寮とは大違いでとてもきれいでした。

 

二日目。ちょいと遅めに起きて函館競馬!

やっぱり間近でみると迫力が違う。地響きみたいに響く馬の足音。

馬がゴールに近づくにつれて抑えきれない思いを声にする観客。

それぞれの願いがかかった馬券の感触。

五感全てで競馬を楽しむことが出来ます。

 

パドックのお馬さんたち。真剣なおっさんたちに囲まれています。

 

盛り上がる会場としけてるライ兄さん(2)

 

ひとしきり楽しんだ後は水泳

気温も高く、きれいだったのでじゃぶじゃぶしてきました。

とても気持ちよかったです。

 

今回のツアーでのベストショットかも。

 

貝もたくさんいました。

 

さて、ここからはこちらの車はある仕掛けの準備に取り掛かります。

そう、ドッキリあっかんべー

実はこのツアー、帰りに苫小牧のフェリーターミナルによって宮寺さんに敦賀(福井県)行きのフェリー(もちろん片道)をごっつあんするというドッキリをしかけていたのです!!

宮寺さんが乗っていないこっちの車は退寮記念と称していくつかのプレゼントを用意。

クラッカーを鳴らしたりプレゼントを渡して喜んで気が緩んでいるすきに

最後にチケットを渡しました。

搭乗時間ぎりぎりに渡して、考える時間を与えさせずに「はやくはやく!」とせかしてフェリーに乗ってもらいました。

結果は大成功!

宮寺さんは無事に敦賀へと旅立ちました。

 

函館見送りツアーも無事に楽しく終わりました。

 

文責:わくわく(2)

コメント
コメントする